LINK

外為取引(FX)には取引所取引という取引がございます。

普通の外為(FX)業者と売買を実践する行為を「店頭取引」と言うのですが、これは取引所を通行させないでビジネスのパートナーはFX(外国為替証拠金取引)企業になります。

「取引所取引」という取引所は外国為替証拠金取引(FX)業者はあくまでも仲介役であり直接的のビジネス相手は取引所との事になっています。

その相違をこの場で少し比較していきましょう。

まず初めに「店頭取引」のケースは託している資金は外国為替証拠金取引(FX)会社にコントロールされているのです。

一方「取引所取引」のケース、こちらの資金は全金額取引所に預託しないとならないと義務になっております。

もしも外為(FX)企業が破綻するという話が例えあっても、後者は、取引所によって証拠金が全金額保護されることになるのです。

場合は外国為替証拠金取引(FX)会社がコントロールしているから、様子によっては業者パンクのしわ寄せをの傷を受けて預けていた証拠金は防衛されずなのかもしれません。

税金面からみても両者双方規定に違いが存在します。

「店頭取引」では、レートの変動による利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と合計で届出をしなければなりません。

しかるに確定申告しないで大丈夫な際もあるらしいのでわが身に当てはまるかどうかしっかりと調査をお願いします。

もしかしてアナタが労働者でサラリー二千万円以下、給与の所得他実収が二十万円以下(複数の企業から賃金所得は無いということ)というようなのような条件を守っているなら例外措置で確定申告は不要です。

外国為替証拠金取引(FX)もうけが二十万円以上際は確定申告しなければいけません。

税の割合は収入に追随して5から40%の6つの段階に分類されていて、稼ぎが高いのなら税も高くなります。

「取引所取引」に関しては、利潤があるのであれば他の手取りとは別として「申告分離課税」の対象となってしまうのです。

税率は全て同じ20%となるのですが、もしも損が確かになったなら「取引所取引」のメリットとして損金分を次年以降に繰越が可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも価格が少ないtaxになるケースも大いにあるので比べて検討していった方が良いでしょう。

とりわけ未経験者の場合、ジャスダック株価の上がり下がりや円高に毎日注目して、収益やマイナス分にスリル満点のあまり、税金に関しての事柄を忘れ易くなってしまうこともありますので、気をつけましょう。

損金は困りますが、儲けが高騰すれば税金も増えるので目を向けるのと自覚が肝要ですね。