LINK

実際にノートパソコンの画面の前に座りつねに変動しているマーケットを見ていると、理由無くエントリーをせずにはいられなくなるという衝動が沸き起こる場面も多いと思います。

だが、不明瞭な思いつきで売買するのは間違ってもしてはいけません事実、マーケットは終日いつでもいずれかの国の外国為替相場が動いているし市場も休みなく、上がったり下がったりします。

しかしながら、闇雲に売り買いを積み重ねるとその回数分だけマイナスになる危険が高くなってしまいます。

もちろん、取引の回数を増やすことによって次第に儲けられる確率が五分五分になっていきます。

しかしこれは「ぼんやりとした直感でエントリー」とは話が違います。

取引回数を積むとは自分が「ここだ!」と感じた感覚を得られた状態での売り買いの回数を重ねるという意味です。

何となく、売買を重ねるのとは大きく違います。

マーケットの戦いに立ち向かうためには白分で思案してけじめをつけることこそが肝心です。

「ここはいける」と考えた相場の時には思い切って所持ポジションを買い増して意識して利益を追求します。

「分からない相場でどう動くのか予想できないな」と思案した時は、潔く諦めて所有ポジションをひとつも残さないで見切りをつけて何もせず静観します。

それくらいのけじめをつけた方が、最終的にトレードは成功します。

相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

本当にその通りだと思います。

FXとは、いかなる時でもポジションを持つことが肝心な事ではなく、何も保有せず何もしないことも場合によっては、相場です。

じゃあ、どういう時に、休めばいいのでしょうか。

第1に言われるのが先述した通り、最近の相場展開が今ひとつ理解できない時です。

これから高くなるのか安くなるのか判断できない時は、思いつきで行動すると、自分の作り上げた台本とは逆方向に為替相場が変化してしまい損をする事になります。

そういう時はポジションを整理して見ているだけが唯一出来る事です。

もうひとつは、あなたのコンディションがよくない時です。

体の調子と外国為替市場に影響ないと感じる投資家もいるだろうが。

現実にはかなり影響します。

体調がよくなければマーケットの大切な状況で正確な決定が出来ない場合が多くなります。

興味がわかない時はFXから離れる事も肝心な事です。