LINK

愛車を売却するとき、それから車の処分の時も印鑑証明がなければなりません。本当に使える格安SIM

この印鑑証明というものに関して説明していきます。

印鑑証明というのは、ある印鑑が実印として効力を持つことを保証するための正式な書類です。

この印鑑証明がないとその印鑑に関して実印で間違いないということが保証できません。

高額な取引になる車両の売却のため、どうしても実印が必要になることになりますがそれと同時に印鑑証明が出てきます。

役所で印鑑証明を発行するためにはその前に印鑑証明をすることが必要です。

印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印と言われ世界で唯一のはんこであることが条件です。

実印を持って役所の担当部署へいけば、印鑑登録できます。

手続きが終わると、印鑑登録カードというものが交付され、印鑑登録をした印は実印として認められたということになります。

印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を発行してもらうためには、市役所などの取次ぎ所へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書いて印鑑登録カードを持参する必要があります。

また、自動交付機を使って印鑑証明の書類を交付する事が可能です。

印鑑証明には有効期限はないのです。

なのでいつ取得した印鑑証明でも証明書としての効力は半永久的に持続するのです。

ただ、中古車買取の際には必須条件として三ヶ月以内に交付されたものである必要があります。

通常は有効期限を気にする必要はないのですが愛車の買い取りの際は、買い取り先が期限を決めているので、愛車の買い取り予定の車があるなら、買い取り前に準備しておくことが望ましいです。