www.ellamodella.com

溜まってしまったままの疲れは1日や2日では取れないと感じることもあります。休みたくても休めないほど忙しい人もいることと思います。疲労回復には十分な睡眠が良いことはいうまでもありませんが、その時間が取れない場合には別の方法で疲労回復しなければなりません。 ひとつの方法は短時間の熟睡です。短い時間でも熟睡ができれば疲れは取り易いものです。そのためには精神や感情を安定させて気持ちよく寝ることができるような環境を整えることです。それには快適なベッドやふとん、そして自分に合った枕を使うことも大切です。そして寝易い環境としてはエアコンを使うのも良いかもしれません。空気が入れ変わってすっと眠れるかもしれません。 いろいろと寝る前に考えると頭が起きてしまってその後眠りにくくなることがあります。ですから寝る前にはあまり考えずにすぐに寝ることも良い方法です。そしてお風呂に入って湯船に浸かることで体が温まり、血行が良くなって眠り易くなります。 疲労回復のためにこうした点を考えてみることができます。

コンテンツメニュー